ひ・ま・つ・ぶ・し
b0140751_210211.jpg



朝5時過ぎの北斗七星。昨夜10時半から、戦場ヶ原での星撮り後小田代ヶ原へ場所変え。
男体山から山王帽子山にかけての稜線、特に男体山越しの光害は恐るべし。

・2013.11.02 撮影   





b0140751_16173596.jpg


ステージ開幕までの待ち時間、ギャラリー達が思い思い園内を照らす無数のライトの下、星を撮ってみた。
ここは、小田代ヶ原。よって天体用グッズの持込は一切なし。
この手の写真は、目で見たそれとはかけ離れた、極めてブルーな背景ものが多い。勿論それも表現方法の一つ。
自分の目で見た星空に近い、ニュートラル・グレーの背景に星が輝く(ノイズが輝くのではなく)が表現出来ないか、試し撮りしてみた。
天体写真に不可欠なコンポジットではなく、一発撮りじゃないと星が止まらない。
赤道儀を使えば、星は止まるが、木がぶれぶれ。木を止めれば星が軌道を描く。まぁ、この写真、等倍で見れば、かなり星は流れてますが・・・。
星野写真と言われる写真で、光害カブリの星空を、背景均一のニュートラル・グレーに仕上げてみるのは初めての試み。 
星のゴーストやら、周辺減光、青ハロ・赤ハロ、光害カットフィルターによる色むら、光害カブリ補正、フラット補正、ダーク補正(ノイズ減らし)等々の
超厄介な天体写真に比較すると、気軽に撮影し、気軽に現像できて凄く楽でいい。
これからの時期、ノーマル・カメラで撮ってみたい、星野写真の構図は出来てるんですが・・・。

流石に一昔前のカメラ Nikon D300s ノイジーな写真です。
因みに、 レンズは10mm使用 ISO3200 シャッター速度15秒位(腹時計) 絞り4.8 長時間・高感度ノイズOFF  
Photoshop現像カブリ補正 フラット補正あり ダーク補正なし

夜明け前の暗闇での撮影中、「何か撮影してるんですか?」と、カメラ左側に立つ年配の方。
あれまっ!しっかり写っちってるんですが(笑) なので、6×6風にトリミングしてみました。

[PR]
by mykhk | 2013-11-02 18:52 | Nature Photo 奥日光
<< やまの詩 NO.324 やまの詩 NO.323 >>


カテゴリ
Nature Photo 奥日光
Nature Photo 裏磐梯・会津
Nature Photo 他の地方
Flower & Macro Photo
Nature Photo 過去画像
写真工房・ふぉとえいと
夜 空 Photo
* links *

  • 写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

その他のジャンル

Top

ファン申請

※ メッセージを入力してください